体重の増え方が気になるからと妊娠中からダイエットをすると、どのようなデメリットがあるでしょう。お母さんが食事量を制限してダイエットをすると、赤ちゃんの成長に差し障りが出ます。

特にダイエット中は脂肪分や炭水化物を減らす人が多いのですが、胎児にとっては体を作る大事な栄養素です。お母さんに栄養が十分でないと、お腹の子にも栄養が足りない状態になりますから、低体重児になる可能性があります。

ダイエットに効果があるといわれているサプリメントを摂っている人は、妊娠中は利用をやめたほうが無難です。サプリメントは胎児に対する安全性がはっきりしていないものも多いので、妊婦の利用はおすすめできません。

妊娠中には、体を動かしすぎないことも大事です。ある程度は体を動かすことは、安定期以降は必須です。ダイエットを目的とした運動というよりは運動不足にならないために行う程度にとどめておきましょう。

妊娠中は2人ぶんの栄養を補給しなければなりませんし、出産自体が重労働です。